会社の事業承継をするときに必要なことってなに?

整骨院を開院するポイント

施術

地域のサポート団体へ加入

高齢化社会に向かって整骨院の必要性がますます高くなっています。整骨院を開業するにはまず柔道整復師の資格を取得します。柔道整復師の資格がある人は、個人事業主としての心構えを持つことが大事です。経営者としての経営理念を明確にすることが、長く整骨院経営を続けるモチベーションとなります。最初にやるべきことは事業計画を立てて、それに基づいて資金を準備することです。それができたら具体的に開業するための物件探しを行い、希望どおりの物件があれば賃貸契約をします。必要によって内装工事をして、治療機器や備品の選定を行い導入します。第一段階はこのように具体的な営業店舗の確保です。このあとは周辺地域への宣伝広告、そのためのチラシ印刷、スタッフの雇用などの作業が続きます。具体的に開業のメドが立った段階で、柔道整復師会に加入すると開業までがスムーズに進みます。柔道整復師会というのは全国にありますが、整骨院の開業サポートや開業後の保険診療の請求代行などをしてくれます。例えば開業する時に必要な書類としては、保健所に開設届けを提出します。管轄の地方厚生局に受領委任取扱に関する申し出を行い、各種共済番号を取得するために地方の共済組合に手続きを行います。また労災取扱に関する届け出や公費取扱申請を行います。これらの届け出を経て整骨院が開業できます。これらの面倒な作業を柔道整復師会ではサポートしてくれます。整骨院を開業する場合、地域の柔道整復師会への入会が大事なポイントになります。