会社の事業承継をするときに必要なことってなに?

オフィス

営業開始までの手順

海外での会社設立には日本と違った法律や商習慣を考慮しなければならないため、未経験者にとっては困難が予想されます。インドネシアに会社設立する場合も、事前にネガティブリストや現地市場についての調査検討が欠かせません。会社設立にはさらに各種機関への煩雑な登録申請と銀行口座開設等の手続きが必要です。

事業を承継する際の進め方

握手

会社が行う事業承継の仕方には、親族内承継と親族外承継というものがあります。親族内承継を行う企業も少なくありませんが、後継者は親戚や家族の中から決めるとなると、どうしても選択の幅が狭まります。そのため、事業承継では親族外承継も視野に入れておくといいでしょう。事業承継における親族外承継は、次の手順で進めていきます。まずは後継者候補の選定です。親族内の承継であれば、社内だけでなく営業先などの社外の人からの理解も得られやすいといった点があります。しかし、親族外継承と呼ばれる親族以外の役員や従業員だった場合、必ずしもそうわけにはいきません。社内、社外、それぞれで予想外のクレームが付くことがあるからです。そのようなトラブルを回避するためにも、できるだけ早い段階から後継者育成を行うことが大切です。またそれと同時に、社内と社外それぞれに、親族外での事業承継を周知徹底させる必要があります。親族外承継で会社が分裂することがないよう、サポート体制の構築も求められます。そして、経営や財務を明確化することがとても大切です。特に、社用車などの所有部分と経営がしっかりと透明化されていない会社では、会社本来の財産と、経営者の財産の所有のラインが曖昧になってしまっている場合が多いです。親族外承継を行う場合、これらの所有を明確にしておく必要があります。また、自社株の算定も重要です。親族外継承では、経営者自身が持っている自社株式を後継者が買い取ることになります。自社株については様々な評価方法がありますが、トラブルをなくすためにも、税理士などの専門家に相談してみるのも一つの方法です。

タブレット

スマートな会計システム

従来のレジに代わって、タブレットを入力端末として採用したシステムが登場しています。大きな画面を持つタブレットを使うため、誰にでもすぐに使いこなせるという特徴を持ちます。他にも入力されたデータを分析に活用できるなど多くの利点があります。

施術

整骨院を開院するポイント

整骨院を開業するにはまず柔道整復師の資格が必要です。具体的な流れは開院する場所と物件を探し、治療機器や設備を導入します。その後は地域への宣伝のための印刷、スタッフの募集などを行います。色々な届け出や申請などは地域の柔道整復師会に入会するとサポートしてくれます。開院後の保険診療請求も代行してくれます。